NPOが助成金申請で成功するポイント

column

コラム

NPOが助成金申請で成功するポイント

NPOが助成金申請で成功するポイントには、次の5点が挙げられると思います。

1)相手をまず知る
2)申請者が何を得たいかを明確に
3)申請書は事業計画
4)申請書が審査基準に合致しているか
5)申請内容が自分のものになっているか

1つめは、相手(助成元)をまず知ることです。助成金を出す側にも、申請する側にもミッションがあります。申請する側は、助成金を出す側のミッション即ち、目的・やってもらいたいことをまず知るということが大事です。助成する側は専門性のある団体に助成金を出すことで社会課題の解決を図りたい仲間であり支援者です。申請する側は自分の団体の事業が助成側のミッションに合致しているかを見極める必要があります。


2つめは、申請する側が助成金申請で何を得ようとしているかを明確にすることです。お金のことではありません。助成金を受け取って活動することによって何を得ようとするかで、一種の戦略です。まして短期間で一定の成果が求められますから、それを明確にしておかなければなりません。

f705e293e8bbb1063518b7b9e79b97f8-1652335249.jpeg

3つめは、申請書は事業計画であると考えること。自分の団体の活動目的と、地域や社会の問題点との整合性を常時、意識しておくことが事業計画であり、申請書になるわけです。そしてそこに、常にニーズの変化がないかをきちんと見極めておく必要があります。自分たちのやりたいことだけをやろうとしている団体になっていないかという自問自答がいります。

4つめに、助成申請が審査基準に合致しているか。そして申請書に自分の団体の特徴がきちんと明確化しているかが重要です。更に、最近の傾向としてどれだけ多くのネットワークと関係し課題解決しようとしているかが求められます。即ち、組織や人、地域や場などとの多くの協力関係を構築して進めていこうとしているかです。


最後の5つめとして、申請内容をプレゼンする場合、申請内容の5W1Hが、明確に口頭で述べられるものになっているか、自分のものになっているかが重要です。加えて、わくわくするような楽しみをもってプレゼンできているかが、審査する側の評価を得られるものになります。

記事提供:山田裕子氏
認定NPO法人大阪NPOセンター 副代表理事

CONTACT

お問い合わせ
お気軽にお問い合わせください!